交通事故治療
交通事故治療連絡先
菅原整骨院トップ > むち打ち症について

むち打ち症の治療方法

イメージ

「むち打ち症」の中で最も多いのが頸部捻挫型で、大変つらい症状です。

頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織が損傷し、炎症が起き、腫れ上がり、神経を圧迫しています。

そのため、頚のまわりの痛みや運動制限・しびれ・筋力低下あるいは、神経根や自律神経による不調などが起きる場合もあります。

菅原整骨院では、頚椎の根本治療として、関節の可動域を正常にし、筋肉を弛める菅原整骨院独自の治療法を行っていき、痛みや不快症状を取り除いていきます。

症状によっては、東洋医学の経絡(つぼ)を使いアプローチしていき、症状を改善していきます。

むち打ち症とは

「むち打ち症」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等の衝撃によって首が鞭(むち)のようにしなったために起こる症状を総称したものです。

正式には「頚椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。

多くの方は次のようなタイプに分類され、様々な症状が出てきます。

【頚椎捻挫型】

頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織が損傷したケース。

むち打ち症で最も多くみられ、全体の7~8割を占めています。

一番多い症状として、「首が動かなくなった」というように、 首の動きが制限され、無理に動かそうとすると痛みが強くなります。

【根症状型】

頚椎にゆがみが出来ると、神経が圧迫されて症状が出ます。

首の痛み、腕の痛み・しびれ・だるさ、後頭部の痛み、顔面痛など。

これらの症状は、咳やくしゃみ、首を横に曲げたり回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。

【バレ・リユウー症状型】

頚椎に沿って走っている動脈の血流が低下し、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられています。

【脊髄症状型】

脊髄が傷ついたり、神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。

【脳髄液減少症】

一時的に髄液圧が急上昇し、クモ膜が裂けると考えられています。

脳髄液減少症の症状は多彩で、初期には頭痛が特徴的です。

天候、特に気圧の変化に応じて症状が変化します。

交通事故治療連絡先

【住所】 〒005-0831 札幌市南区中ノ沢1丁目2番12号

菅原整骨院地図

市営バス
中ノ沢入り口 徒歩2分(南90 環96)
川沿1条5丁目 徒歩5分(南97)
【駐車場】 有
【TEL】 011-573-1811
治療受付時間

*Internet Explorerのみ対応*
患者さまの声
無料プレゼント

交通事故治療でお困りの方へ

メディア掲載情報

むち打ち症がよくなる7つの鍵

むち打ち症がよくなる7つの鍵

―突然の被害に遭ったあなたをむち打ち治療のプロが救う!―

柳澤正和 (著)

菅原整骨院が掲載されました

交通事故に遭ったときには…
良い治療院を選ぶには…
補償や示談をするには…

全国優良整骨院・接骨院完全ガイド

全国優良整骨院・接骨院完全ガイド 2011年版

―つらい体の痛み・悩みを解決する! ―

現代書林特別取材班 (著)

菅原整骨院が掲載されました

研鑽と努力を怠らない…
改善の事例を多く持つ…

札幌整骨院求人
札幌 菅原整骨院
巻き爪北海道
ラフーレ